プロレス:やらせの真実と観客の期待

時事ネタ

こんにちは、プロレスファンの皆さん。今日はプロレスのやらせについて話したいと思います。プロレスはやらせだということは、多くの人が知っていると思います。試合の結果や展開は事前に決められていて、レスラーたちはそれに沿って演技をするのです。では、なぜプロレスはやらせなのでしょうか?そして、観客はやらせをどう受け止めているのでしょうか?

やらせの真実

プロレスはやらせなのは、主に二つの理由があります。一つは、レスラーの安全を守るためです。プロレスは非常に危険なスポーツで、本気で戦えば重傷や死亡事故が起こりかねません。そうなれば、レスラーも観客も楽しめませんし、ビジネスとしても成り立ちません。だからこそ、レスラーたちは相手に怪我をさせないように気を配りながら、見栄えの良い技を見せるのです。

もう一つの理由は、観客の期待に応えるためです。プロレスはただの格闘技ではありません。ストーリーやキャラクター、感情やドラマが重要な要素です。観客は自分が応援するレスラーや団体に感情移入し、喜怒哀楽を共有したいのです。そのためには、試合の結果や展開が観客の心理に合わせて調整される必要があります。例えば、ヒール(悪役)が強すぎてベビーフェイス(善玉)が勝てないとしたら、観客は不満や退屈を感じるでしょう。逆に、ベビーフェイスが強すぎてヒールが負け続けるとしたら、観客は興奮や感動を感じないでしょう。そこで、プロレスでは試合の結果や展開をバランスよく設定し、観客を引き込むように工夫するのです。

観客の期待

では、観客はプロレスのやらせをどう受け止めているのでしょうか?答えは簡単です。観客はプロレスのやらせを気にしていません。もちろん、観客はプロレスがやらせだということを知っていますが、それでもプロレスを楽しんでいます。なぜなら、プロレスはやらせだからこそ楽しめるからです。プロレスは現実ではなく、フィクションです。映画や小説や漫画と同じように、架空の世界に入り込み、感情を揺さぶられることを求めているのです。プロレスのやらせはそのための手段であり、目的ではありません。

結論

プロレスファンはプロレスの真実を知っていますが、それでもプロレスを信じています。それは愚かなことではありません。それは素晴らしいことです。プロレスはやらせだということを忘れて、プロレスに夢中になることができる人は、幸せな人だと思います。プロレスはやらせの真実と観客の期待の間で成り立っています。プロレスはやらせですが、それでもプロレスは最高です。

タイトルとURLをコピーしました